<直接的な影響について>

うつ病の患者を持つ家族は、どのような苦労があるのでしょう!?あなたの家族にうつ病の人はいますか!?

しかし、それより精神的な影響の方が大きいと言えます。そう考えられます。それは、患者への接し方について、神経を使わなければいけないからです。※励まさない、外に連れ出さないと言ったことがあります。

これは今では、常識と考えている人も増えてきていますよね。しかし、うつ病の症状について正しい知識を全ての人が持っている訳ではありません。それは家族にとっても精神的ダメージになりますよね。(汗)うつ病患者を支えるのは、最終的に家族の理解と言うことになります。

それなくして完治は、あり得ないと言うことですね。重度のうつ病と診断された場合、入院も考えるべきですよね。抗うつ剤の副作用を心配する必要もありません。また、家族としても気が休まることがなくなります。(汗)あなたの家族がうつ病になってしまいますよね。

その対応に疲れていると言う人は、入院を真剣に考える必要があると思います。うつ病ではなくて要介護者がいる場合は、家族の方がうつ病になってしまうことがあります。それが大事です。そう考えてください。うつ病の予防は色々な所に情報があります。ただし、症状についての自己判断は誤ることがあります。ですから、出来るだけお医者さんに診せることが大事と言うことですね。

<うつ病の症状について>

現代人の病気と言うのは色々とあります。その中には、「うつ病」がありますよね。これは典型的なものではないでしょうかね。

学校、会社を休むようになります。これも特徴ですね。うつの気分と言うのは誰にでも理解することが出来ることかもしれません。しかし、実際にうつ病患者の症状を理解するのは難しいと言います。(汗)

うつ病なのか!? または単なる気分なのか!?脳が委縮するこで集中力の欠如、記憶力の低下が見られる場合もあります。

また、身体的な症状も出てくる事もあるようですね。頭痛、不眠症、胃炎、胃潰瘍などがあります。これらに悩まされることもあります。

また、逆に過食になることもあります。これは体重増加があったりします。(汗)※「うつ状態」と「うつ病」は異なっています。これは理解しておきましょうね。

一時的なストレスで「うつ状態」となることはあります。これは誰でも経験していることです。また、季節の変化とか、体の変化で気分がすぐれなくなる人もいます。結構多いようです。

一般的に考えられているうつ病と言うのは、うつ状態が2週間以上にわたり継続します。それで生活に支障をきたしている状態のことを言います。簡単に言うと、うつ状態が重症状態になると言うことですね。

現代人は、毎日ストレスを抱えならがら生活していますよね。(汗)その為、うつ病で休職状態になる人の数も年々増加していると言います。(汗)。うつ病を正しく理解してください。そして、生活復帰を目指すことですね。本人だけではありません。

関連ページ