消費者金融カードローンの危険性について

便利な借入手段である消費者金融も最初に設定された融資限度額がいっぱいになってくると危険な存在に代わります。
消費者金融の返済金額は借入残高によって変動しますから、利用額が多くなると返済額が増加します。
人によっては利用額が増加していることを忘れていて返済額も増加していることがわからず、引落不能になったという事もあります。
大体の目安ですが、融資限度額の半分以上の利用残高になったらちょっと注意が必要です。
そして、融資限度額の8割を超える残高になったら危険区域だと考えた方がいいでしょう。
あらかじめ、買い物の資金をしてカードローンを利用し、返済をしている途中であり、追加の借入をしていないのであれば別ですが、一つの目安になるでしょう。